自己破産のお申込みから免責までの流れの中で、申立書類の準備、費用の積立てを紹介しています。

ホーム流れ › 申立書類の準備,費用の積立て

申立書類の準備,費用の積立て

申立書類の準備,費用の積立て

申立書類の作成や、添付資料の取寄せといったご準備をしていただきます。また、弁護士費用や管財事件になる見通しの場合の予納金が一括でご用意できない場合には、債権者への返済に充てる分を毎月積み立てていただく方法での分割払いが可能です。
申立書類の作成は、まずご自身で記載事項を記入していただいた上で、申立予定日の約2週間前を目処に取り寄せていただいた添付書類とともに提出していただきます。これを担当弁護士が精査し、不明な点や不備がある点を確認させていただき、場合によっては補充をお願いすることがあります。こ

Aさんの場合

弁護士費用を一括で支払うことが難しい状況でしたので、担当弁護士と相談した結果、毎月返済に回していたお金を積み立てることで、3か月後の申立てが可能とのことでしたので、それに合わせて申立書類の準備をすることになりました。
申立書類の作成、添付資料の取寄せは、作業量がある程度ありましたので、担当弁護士の指示どおり、計画的に進めなければ申立予定日に間に合わなかったと思います。 準備を進めるうちに疑問に思う点は、担当弁護士に電話で質問すると丁寧に教えてもらえましたので、大変助かりました。
一通り準備ができましたので、郵送で提出した後、担当弁護士から電話があり、申立書の記載事項についての確認を受け、適宜修正してもらいました。また、添付書類に若干の不備がありましたので、指示通り足りないものを取り寄せ、すぐに発送しました。

個人破産のご相談・ご依頼
お申し込みから免責までの流れ
  翌日から一週間後 当日から翌営業日 翌日から   準備が整い次第(通常2から6ヶ月)   約2ヶ月後 約1週間後
1 2 3 4   5   6 7
お申込み ご相談・ご依頼 受任通知 申立書類の準備・費用の積み立て   申し立て   免責審尋 免責許可決定
  5 6 7 8
  申し立て 管財人面接 免責審尋 免責許可決定
弁護士による自己破産
過払い金返還.comトップページ過払い請求とは過払い金返還請求
アコムの過払い請求アイフルの過払い請求プロミスの過払い請求武富士の過払い請求レイクの過払い請求
株主訴訟 | 株主訴訟 オリンパス
▲ Page Top