自己破産のお申込みから免責までの流れの中で、管財事件の管財人面接を紹介しています。

ホーム流れ › 管財人面接

管財人面接

管財人面接

裁判所から破産管財人として選任された弁護士との面接をして、事前に送付した申立書類を元に、さらに調査が必要な事項についての聴取等を受けます。担当弁護士も同行し、通常は管財人の事務所に出向くことになります。 さらに調査が必要な場合には、申立人は管財人に協力しなければなりませんが、担当弁護士が適切にサポートします。

Bさんの場合

担当弁護士と管財人の事務所に行き、面接をしました。事業の内容や残っている財産の状況等について質問され、今後どのような調査をする予定か説明を受けました。かかった時間は1時間くらいでしたが、もっと早く終わる場合や、長引く場合もあるそうです。

お申し込みから免責までの流れ
  翌日から一週間後 当日から翌営業日 翌日から   準備が整い次第(通常2から6ヶ月)   約2ヶ月後 約1週間後
1 2 3 4   5   6 7
お申込み ご相談・ご依頼 受任通知 申立書類の準備・費用の積み立て   申し立て   免責審尋 免責許可決定
  5 6 7 8
  申し立て 管財人面接 免責審尋 免責許可決定
弁護士による自己破産
過払い金返還.comトップページ過払い請求とは過払い金返還請求
アコムの過払い請求アイフルの過払い請求プロミスの過払い請求武富士の過払い請求レイクの過払い請求
株主訴訟 | 株主訴訟 オリンパス
▲ Page Top