自己破産のお申込みから免責までの流れの中で、ご相談・ご依頼を紹介しています。

ホーム流れ › ご相談・ご依頼

ご相談・ご依頼

ご相談・ご依頼

ご来所いただいて担当弁護士と面談し、債務整理の方針を決めます。破産の場合には、同時廃止または管財の見通しも立て、そのための準備をご説明致します。 方針が定まり、当事務所にご依頼いただく場合には、委任契約書を作成致します。また、申立書類のひな形等をお渡しします。

Aさんの場合

事務所の受付で名前を言うと、会議室に通され、電話でお話した担当弁護士と今後の方針について面談をしました。
私の場合、当時の収入で全ての借金を返していくことは難しく、住宅ローン等もありませんでしたので、自己破産をすることにしました。また、手続としては同時廃止となる見込みとのことで、今後のスケジュール等について説明を受けました。
今後のことについて担当弁護士と話し合った上で、破産の方針に決めましたので、正式に依頼をすることにしました。担当弁護士から契約書の内容を説明してもらい、契約書を取り交わしました。 その後、自己破産の申立てに必要な書類のうち、私が準備するものの説明も受け、そのための書式を受け取りました。

お申し込みから免責までの流れ
  翌日から一週間後 当日から翌営業日 翌日から   準備が整い次第(通常2から6ヶ月)   約2ヶ月後 約1週間後
1 2 3 4   5   6 7
お申込み ご相談・ご依頼 受任通知 申立書類の準備・費用の積み立て   申し立て   免責審尋 免責許可決定
  5 6 7 8
  申し立て 管財人面接 免責審尋 免責許可決定
弁護士による自己破産
過払い金返還.comトップページ過払い請求とは過払い金返還請求
アコムの過払い請求アイフルの過払い請求プロミスの過払い請求武富士の過払い請求レイクの過払い請求
株主訴訟 | 株主訴訟 オリンパス
▲ Page Top