自己破産弁護士相談.comを初めてご覧になる方への説明です。自己破産の専門相談サイトです。/h1>

ホーム › 初めての方へ

初めての方へ

  1. 当サイトのご利用について
    自己破産弁護士相談.comは、インターネットを利用した法律相談申し込みサイトです。サイト上の「お申し込みフォーム」に入力することで、簡単かつ迅速に各種法律相談にお申し込みいただけます。
  2. お申し込みについて
    当サイトには、お申し込みいただける法律相談の案件別に「お申し込みフォーム」が用意されています。同意事項をご確認の上、必要事項をご入力いただき、フォームを送信することで申し込み完了となります。
    必須項目以外の事項については入力されなくても、申し込み自体は完了しますが、必要な情報を事前に把握し、より適切な法律相談を行うために、できる限り多くの情報をご入力いただくようお願いします。
    当サイトでは個人情報保護のため128bitSSLの暗号化通信方式を採用しています。また入力された情報は、直ちにインターネットから隔絶したサーバに情報を移転して管理されます。
  3. 初回法律相談について申し込み受け付け後、ご入力のメールアドレスに法律相談日のご連絡をします。
    初回の法律相談は、面談での法律相談となりますので、ご連絡した日時に法律事務所までご来所いただく必要があります。メール・電話のみでの初回相談は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
    法律相談時間は、平日の午前10時から午後9時までとなります。
    ただし、日によっては、土日祝日の午前10時から午後6時までの相談が可能となる場合がありますので、ご希望の方は「お申し込みフォーム」にご記入下さい。
  4. 初回法律相談料について初回法律相談に際して、所定の法律相談料が必要となります。
    弁護士がご依頼者の個別的事情に応じて適切な判断をするためには、初回相談時に充分な時間をかける必要があります。このため、初回法律相談を有料とさせていただくことをご理解ください。
    また、初回法律相談後、受任に至らなかった場合でも、初回法律相談料はお支払いただきますのでご了承下さい。
    なお、初回法律相談料は事務所でのお支払いとなります。事前に料金を送金するようお願いすることはありません。架空請求などには充分ご注意下さい。万一、架空請求などで料金を支払われた場合でも、当サイトは責任を負いかねます。
  5. 法律相談が実施できない場合について相談内容によっては法律相談を実施できない場合があります。
    特に、弁護士法上、利益相反となる行為(相談者の相手方との法律相談により信頼関係が形成されまたは受任したにもかかわらず、相談者からの法律相談または案件の受任をする行為)は禁止されており、相談申込者の相手方が既に当サイトに相談を申し込んでいるなど、利益相反状況が生じ得る場合には、法律相談を実施することはできません。
    利益相反により法律相談の実施または案件の受任ができないことが確定した場合には、入力事項を直ちに削除するなどの対応をとりますが、利益相反となり得る可能性について充分ご注意の上、ご入力いただくようお願いします。
  6. 受任について初回法律相談の後、受任が必要となった案件については、原則として弁護士池田竜郎が直接受任します。
    ただし、案件の規模・内容によっては、他の弁護士と共同して受任したり、他の弁護士を紹介させていただく場合があります。
    なお、依頼の内容によっては、法律相談料受領後においても受任できなかったり、弁護士の紹介ができない場合がありますのでご了承下さい。
  7. 当サイトの財産権・免責事項・リンクについて利用者が送信したものを除き、当サイトにおけるコンテンツ、情報に関する財産権は、全て弁護士池田竜郎に帰属します。事前に文書による承諾を受けた場合を除いて、コンテンツその他の情報の複製、公開、頒布、譲渡、貸与、翻訳、転用、送信など、いかなる手段によっても無断利用することはできません。
    当サイトにおけるコンテンツの利用は、利用者ご自身の責任において行っていただきます。コンテンツの内容、コンテンツ提供の状態、アクセスについては保証されていません。また、当サイトの利用によって生じた損害については一切責任を負いませんので、あらかじめご了承下さい。
    なお、当サイトのリンクについては、自由に設定していただいて差し支えありませんが、リンクを設定された場合には、よろしければまでご連絡いただくようお願いします。
弁護士による自己破産
過払い金返還.comトップページ過払い請求とは過払い金返還請求
アコムの過払い請求アイフルの過払い請求プロミスの過払い請求武富士の過払い請求レイクの過払い請求
株主訴訟 | 株主訴訟 オリンパス
▲ Page Top